fc2ブログ


さて...少し マニアックに なりますが
またまた パーツの お話しを してみましょう...。


P1020742.jpg


めがね業界では リム(レンズ部分)と テンプル(サイド)を
つないでいる 部分の パーツを 智と 呼んでいます...。


しかし 一口に 智と 申しましても いろいろな 仕組みのものが あります...。

上の 写真の 智は スパルタ智...または 一個智 とも いいまして...
いわゆる 丁番が 一体になっている パーツの ことですね...。


P1020743.jpg


このように 台座部分を 掘ってあって
そこに ハメこむようにして ネジ留め しますので...
強度的に 言えば もっとも 頑丈な 智だと 言えるでしょう...。


...が、逆に 智の 強度が 強すぎて...
力が リムとの ロー付け部分に 集中してしまい...

フィッティング調整が しにくくなるのと
リムの 変形などの 原因に なったりも します...。


P1020744.jpg


次の 写真は...レンズ側の ネジ留め部と サイドの 丁番を
ヨロイと 呼ばれる パーツで つなぐ タイプです...。

このような 智を ヨロイ智...または 二個智 と いいまして...
もっとも オーソドックスな 智の かたちと 言えるでしょうか...。


スパルタ智と 違って ロー付け箇所が 二カ所に なるうえ...
ヨロイ部分が 縦に ひらべったいので テンションの かかる場所が 分散されやすく...

フィッティング調整なども しやすくなりますが...
逆に ローばなれ等の 原因にも なりやすくなります...。


P1020745.jpg


そして...この 最後の 写真は 割智と 言いまして...
ネジで 留めてある時は スパルタのようにも 見えるんですが...

ネジを はずすと 写真のように 智が
上下 まっぷたつに わかれる タイプの 智です...。


この智は 横に 開こうとする 力に 関しては
スパルタと 同じように 強度を 発揮するんですが...

上下の 力に 対しては 弱く...
型くずれの 原因にも なりやすいという 欠点も あります...。


近年、めがねの デザインも 多種多様化しておりますので...
智も いちがいに この 三種類だけでは 語れませんが...

どの パーツも 良い部分と 悪い部分を 併せ持っておりまして...
その 悪い部分を 改良するために...めがねも 進化 し続けている 訳ですね...。
2010年01月13日 | 新着情報
HOME

プロフィール

カレンダー

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク