fc2ブログ

ボディ・ダブル


久々の 映画とめがねの コーナー...

今回は、1984年の ブライアン・デ・パルマ 監督作品...
『ボディ・ダブル』で ございます。


body1.jpg


ブライアン・デ・パルマと 申しますと...『キャリー』『ミッドナイトクロス』
『スカーフェイス』『アンタッチャブル』など、多数の 傑作を 生み出している

監督さんなんですが、非常に 評価のわかれる人で、どちらかと言うと
カルト的な 人気の方が 高いという 個性的な監督さんで ございます(笑)...。


また...この監督は ヒッチコックを 非常に インスパイアしていることでも 有名で...
『殺しのドレス』なんか、思いっきり『サイコ』を 意識した映画 でした(笑)。

今回の この映画も、ヒッチコックの『めまい』『裏窓』パクリ放題...
...じゃなくて、引用しまくりの なかなか 興味深い 内容に なっている訳ですね..。


20120125000132.jpg


物語は、ある部屋の 留守を 頼まれた 主人公が、望遠鏡で 隣の家を
のぞいているうちに 犯罪の現場を 目撃してしまい 殺人事件に 巻き込まれる

...という、ジェームス・スチュアートは 動けなかったという 差こそあれ...かなり
『裏窓』を 意識した設定で、おまけに 『めまい』の ジェームスの 高所恐怖症に

対抗して...こちらの 主人公は、閉所恐怖症という...ヒッチ作品の 面白そうな
プロットの いいとこ取り かい...みたいな ことを やってるんですね(汗)...。

もひとつ おまけに、ポルノ女優役で 登場する メラニー・グリフィスが 実は
『鳥』の 主演女優 ティッピ・ヘドレンの 娘だというのも 面白い因縁です...。


body3.jpg


さて...では、そんな ヒッチコック パクリまくりの 映画が 面白いのか...
と 思われるでしょうが...これが 結構 引き込まれるんです(笑)...。

ヒッチコック サスペンスの テイストを うまく 取り入れながら、
ドキドキ感を 高めていくあたり、さすがは 百戦錬磨の 器用な監督さん...。


しかし、やっと ここで めがねの お話が 登場いたしますが...めがねなど...
小道具の使い方は、やはり ヒッチコックの 足下にも 及ばないかも 知れません。

ヒッチの、めがねの レンズ越し ショット なんか 素晴らしい アイデア ですが
デ・パルマにとっては、単なる 顔を 隠す道具でしかない...といった感じで...。


え~~~...

結局のところ、褒めたんだか、けなしたんだか 分からなくなりましたが(汗)...
主人公が、変装のために 掛けた ボストン型の 黒縁セルは...決して、

おシャレで カッコいいとは 言いづらいものでしたが、このB級サスペンスは、
なかなか 悪くないですよ...といった ところでしょうか(笑)...。
2012年06月06日 | 新着情報
HOME

プロフィール

カレンダー

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク