fc2ブログ

SFの父がかけためがね


お盆 まっただ中ですね...。みなさま、いかが お過ごしでしょうか...。
田中眼鏡本舗 および 浪漫堂は、休まず 営業しております...。


さて...映画とめがねのコーナー...。今回は、ジュール・ヴェルヌと並んで
SFの父と 呼ばれている H・G・ウェルズと 1800年代後半に

ロンドンを 震撼させた 連続殺人犯 切り裂きジャックを 題材にした
『タイム・アフター・タイム』という 1979年の ちょっと古い 映画です。


tat2.jpg


H・G ウエルズと言えば...『タイム・マシン』や『Dr.モローの島』
『宇宙戦争』など 映像化された 作品も多い SF小説の 巨匠でございます。

その中でも、今作は 1959年の 同氏原作の映画『タイム・マシン』への
オマージュという 意味も込めて 製作された 作品なんですね...。


TAT6.jpg


ストーリーは...小説の中だけじゃなく、実際に タイム・マシンを 完成させて
しまった ウェルズが 友人を自宅に呼んで それを 公表するんですが...

その友人の中の 一人の医師が、実は 切り裂きジャックで...タイム・マシンを
使って 現代(当時1979年の)に タイム・スリップを してしまうんですね。


TAT5.jpg


そこで、責任を感じた ウェルズも ジャックを 追って 現代にやってくる
...という なかなか 奇想天外で 面白い ストーリー設定で ございます。

監督や スタッフ、キャストの人たちは ワリと 地味な感じなんですが、
ウェルズと現代で 恋に落ちる女性役メアリー・スティンバージェンは、


TAT7.jpg


実は 同じ タイム スリップものの 傑作『バック・トゥ・ザ・フューチャー3』の
ジュール・ヴェルヌ好きで ドクと結婚した 学校の先生クララ役の 人なんですね。

偶然なのか、ワザとなのかは 知りませんが...どちらも、SFの父がらみで おまけに
タイム トラベラーと 恋をするという ちょっと マニアックな 共通点も あります。


tat3.jpg


さて...ここで やっと めがねのお話...。現代で めがねを 壊してしまった ウェルズ...
博物館にある 自分の展示品の 引き出しから おもむろに めがねを 取り出して

掛け替えるという シーンが あります...。本物の ウェルズが どんなめがねを
掛けていたかは 分かりませんが...この映画の中の ウェルズ役の 役者さんが
掛けていた オーバル 一山の めがねも シブくて なかなか 良かったですね...。
2012年08月14日 | 新着情報
HOME

プロフィール

カレンダー

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク