fc2ブログ

見えないアル・パチーノのサングラス


さて、今回は 久しぶりの 映画とめがねのコーナーです...。


sw1.jpg


よく イタリア系の俳優さんは、演技がうまい とか、芸達者だとか 申しますが...
それは 一般的に...ロバート・デ・ニーロ だとか、アル・パチーノの 印象が

強いのでは ないかと 思います。もちろん、二人とも 名優であるのは 疑いのない
ところですが、デ・ニーロに 比べて、パチーノの 演技の幅が 狭いように

感じるのは わたしだけでは ないと思います...。デ・ニーロが 天才的に 多様な
役柄を こなすのに比べて...パチーノの 演技は、どれを 見ても 同じにしか


sw2.jpg


見えない(笑)...と言うと、誤解を 生んでしまいそうですが(汗)...。実際
わたしは、アル・パチーノが 大好きですし...彼の出演作品の中には、名作と

呼ばれるものが 多いのも 確かです...。そんな中から、『ゴッドファーザー』
を 押しのけて...わたしが パチーノ作品中 ベストかも...と 思っているのが

この作品...。1992年の『セント・オブ・ウーマン 夢の香り』なんですね...。
とにかく...この映画で パチーノが 演じている 初老の 退役軍人役が スゴイ...。


sw3.jpg


ストーリーは、人生に 悲観した 孤独な 盲目の退役軍人 アル・パチーノが...
ボストンの 名門高校に 通いつつも、トラブルを抱えている 心優しい青年との

数日間の 交流を通じて...自分の 人生を見つめ直し、新たな希望を 見出すまで
を 描いた 人間ドラマです...。最初は、世間知らずの 青年を 教育してやる...

的な 感じで 始まるんですが...いつしか パチーノの方が 青年の 純真さに
心を 動かされていく...というあたりの 心理描写は 見事の ひと言...。


sw4.jpg


監督は、『ビバリーヒルズ・コップ』『ジョー・ブラックをよろしく』の
マーティン・ブレスト。出演は パチーノの他に...青年役に クリス・オドネル。

これが また 良かった...。そして、青年の友人役に『カポーティ』で、一躍
演技派としての 名をあげた まだ 若かりし フィリップ・シーモア・ホフマンが

登場しているのも 見逃せませんね...。未見の方には、是非 見ていただきたい
超お進めの 一本です...。ところで、また めがねの事を 忘れてました(汗)。


sw5.jpg


劇中、青年と一緒に ニューヨークへ 旅立つ場面...。そして、公開懲戒委員会で
青年への諮問が 行われる会場へ パチーノが 彼の窮地を 救うべく 颯爽と

乗り込んでくる シーン...。そこで 掛けているのが、ボストン型 セル リムの
コンビネーション サングラス なんです。これが、また カッコいいのなんの...。

盲目の退役軍人が 掛けている サングラス...。一見 矛盾が あるような気も
いたしますが(笑)...細かい理屈を 超えて 憧れる カッコ良さです...。
2012年11月03日 | 新着情報
HOME

プロフィール

カレンダー

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク