fc2ブログ

ブリッヂの話し


IMG_5575.jpg


今年初の めがねネタは、部品のお話しから まいりたいと 思います...。
以前、写真のような ブロー タイプの めがねの オーダーを いただいたんですが、

リムは 特に 指定が ありませんでしたし、テンプルは セル手でしたので...部品で
一番 重要なのは、ブリッヂ ということに なります...。写真の めがねの場合は、

ブロー(眉)部分も ちょっと 現代的に アレンジされていて 細いので、ブリッヂが
それほど 太くなくても おかしくないんですが...この時 ご注文いただいたのは、


IMG_5577.jpg


もっと クラシカルで 全体的な フォルムが 太いめがね でしたので...よくある 細い
ブリッヂ では バランスが とれない(汗)...。...ということで、集めたのが この

部品たちなんですね。彫刻の してあるもの、してないもの...。線の 入っているもの
入っていないもの...。太さも 長さも まちまちです...。いかがです?...一口に ブリ


IMG_5578.jpg


ッヂと 言っても、千差万別で いろいろなのが ありますでしょう。もちろん ご要望
が あれば、一個単位で 部品を 別作することも 出来ますが 既存の部品を 使った方が

安上がりですからね(笑)。さて それでは...ついでに 形状の 細いものや、素材が
違うものも 載せちゃいましょう...。上のブリッヂたちは、ほとんど モネルか 洋白と


IMG_5581.jpg


いった素材を 使っているんですが、4枚目の写真の 一番下だけ 俗にいう キャスト
(ベリリウム銅)という 素材を 使っております...。ベリ銅は 鋳造が 比較的容易

なんですが、他の合金と 比べますと メッキが 乗りにくいという 弱点が あります。
そして 下の写真が、当店の メタル フレーム オーダーで 主に 使っております


IMG_5579.jpg


サンプラチナの 部品です...。一番上の 長いのは、ツーブリッヂの 上(俗にいう
ワタリ)の部分...で、下 2つは 一山の パーツですね。サンプラチナは、非常に

優れた 金属でして...身体との親和性、耐食性に優れ、長時間大気中に 放置しても
ほとんど変色せず、研磨後の表面は プラチナに匹敵する 美しい光沢を 呈します。

眼鏡材料、歯科材料ほか 様々な用途に 幅広く 使用されてきた 金属です...。特に
サンプラチナの 丸い眼鏡フレームは、昭和天皇が 愛用したことでも 有名ですね...。


以上...とりとめも無く 話しを してまいりましたが、今回は ブリッヂの お話し
でした...。機会があれば、また ちょっと マニアックな 部品のお話しで(笑)...。
2013年01月13日 | 新着情報
HOME

プロフィール

カレンダー

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク